養液栽培用肥料 

OATハウス肥料シリーズ

 

この製品に関する問い合わせ チラシPDF PDF 印刷用PDF PDF



包装

OATハウス1号 15kgポリ袋入り OATハウス5号 1kgポリ袋入り×10袋/ケース
OATハウスS1号 15kgポリ袋入り OATハウス6号 10kgポリ袋入り
アミノハウス1号 15kgポリ袋入り OATハウス7号 10kgポリ袋入り
アミノハウスS1号 15kgポリ袋入り OATハウス8号 10kgポリ袋入り
OATハウス2号 10kgポリ袋入り OATハウス9号 10kgポリ袋入り
OATハウス3号 10kgポリ袋入り OATハウス10号 10kgポリ袋入り


「OATハウス肥料シリーズ」は、長年の養液栽培技術を生かし、高度に精製された原料を組み合わせた肥料です。水耕栽培やロックウール栽培の生育に必要な養分を含む培養液として、全国に普及しています。また、養分吸収バランスがすぐれ、鉄欠乏症防止のためキレート鉄を配合することにより、各種の養液栽培や、そ菜の養液育苗用肥料としても安心して使用できます。

OATハウス肥料シリーズ一覧

OATハウス肥料シリーズの成分組成

製品名 保証成分(%) 配合成分(%)
窒素全量
TN※1
(AN/NN)
水溶性
りん酸
P2O5
(WP)
水溶性
加里
K2O
(WK)
水溶性
苦土
MgO
(WMg)
水溶性
マンガン
MnO
(WMn)
水溶性
ほう素
B2O3
(WB)
カルシウム
Ca
(WCa)

Fe

Cu
亜鉛
Zn
モリブデン
Mo
OATハウス1号 10.0 (1.5/8.2) 8.0 27.0 4.0 0.10 0.10   0.18 0.002 0.006 0.002
OATハウスS1号 9.0 (-/8.6) 7.0 32.0 4.0 0.05 0.07   0.15 0.002 0.006 0.002
アミノハウス1号※2 10.0 (1.5/8.0) 8.0 27.0 3.5 0.100 0.100   0.18 0.002 0.006 0.002
アミノハウスS1号※2 9.0 (-/8.5) 7.0 32.0 3.5 0.050 0.070   0.15 0.002 0.006 0.002
OATハウス2号※3 11.0 (NN)           16.4        
OATハウス3号 13.0 (NN)   46.0                
OATハウス5号 6.0
(AN)
  9.0   2.00 2.00   5.7 0.04 0.08 0.043
OATハウス6号       16.0              
OATハウス7号 11.0 (AN) 61.0                  
OATハウス8号 10.0 (NN) 9.0 40.0                
OATハウス9号   51.0 33.0                
OATハウス10号     53.0                
備考:
※1… AN:アンモニア性窒素、NN:硝酸性窒素
※2… アミノ酸、有機酸を含む。
(詳しくは「アミノハウス1号、アミノハウスS1号の特長」をご覧ください)
※3… CaOとして23.0%

標準培養液の調製方法と特徴

培養液処方例(g/1000ℓ)
肥料名 A処方 SA処方 C処方 SC処方 B処方
OATハウス1号
(アミノハウス1号※1)
1500   1500    
OATハウスS1号
(アミノハウスS1号※1)
  1500   1500  
OATハウス2号 1000 1000 800 800 950
OATハウス3号         810
OATハウス5号         50
OATハウス6号         500
OATハウス7号         155
OATハウス8号     200    
OATハウス9号※2 B処方のアンモニア性窒素を少なくする時は7号の一部を9号に置き換える
またりん酸と加里を強化したい時は培養液1トンあたり100~200gを添加する
OATハウス10号※2 加里だけを強化したい時は培養液1トンあたり100~200gを添加する
備考: 各培養液処方ともEC1.3dS/m以下の低濃度で使用する場合は、OATハウス5号を培養液1000ℓあたり、20~30g程度追加してください。
※1… アミノハウス1号、アミノハウスS1号は、葉菜類向けのアミノ酸・有機酸入り肥料です。培養液の調製方法はOATハウス1号と同じです。
※2… OATハウス9号、OATハウス10号は、各作物の栽培時期や生育ステージにあわせて成分調整するのに用います。

■培養液処方の特長

【A処方】
果菜類、葉菜類、花き類に広く使用できる汎用型培養液処方です。

【SA処方】
トマトの尻腐れやレタスのチップバーンなど、高温による生理障害が発生しやすい時期の果菜類、葉菜類に対応した培養液処方です。

【C処方】
アンモニア性窒素を適度に含み、秋から春の果菜類に対応した培養液処方です。

【SC処方】
原水にカルシウムを多く含む場合や、高温による生理障害が発生しやすい時期の果菜類、葉菜類に対応した培養液処方です。

【B処方】
汎用性の高い園試処方です

標準培養液の濃度

標準培養液の成分組成(ppm )
肥料名 A処方 SA処方 C処方 SC処方 B処方
窒素全量 (TN)
アンモニア性窒素 (AN)
硝酸性窒素 (NN)
260
23
233
245
(6)
239
258
23
231
223
(6)
217
230
20
210
りん酸 (P2O5 120 105 138 105 93
加里 (K2O) 405 480 485 480 377
石灰 (CaO) 230 230 184 184 219
苦土 (MgO) 60 60 60 60 80
マンガン (MnO) 1.5 0.75 1.5 0.75 1.0
ほう素 (B2O3) 1.5 1.1 1.5 1.1 1.0
鉄 (Fe) 2.7 2.3 2.7 2.3 2.9
銅 (Cu) 0.03 0.03 0.03 0.03 0.02
亜鉛 (Zn) 0.09 0.09 0.09 0.09 0.04
モリブデン (Mo) 0.03 0.03 0.03 0.03 0.02
EC値 (dS/m) 2.6 2.6 2.7 2.4 2.4

注) EC値は水道水(EC0.11dS/m 、水温25℃)に溶解し、測定しました。

標準培養液のme 濃度(me /ℓ )
肥料名 A処方 SA処方 C処方 SC処方 B処方
窒素 (N) 18.6 17.6 18.4 16.0 16.4
リン (P) 5.1 4.4 5.8 4.4 3.9
カリウム (K) 8.6 10.2 10.3 10.2 8
カルシウム (Ca) 8.2 8.2 6.6 6.6 7.8
マグネシウム (Mg) 3.0 3.0 3.0 3.0 4.0

各濃度ともに保証成分より算出してあり、実際の濃度は表より若干高濃度になります。

濃厚原液の調製法

濃厚原液タンクが2基あり、調節装置で給肥する場合、以下のような割合で肥料を秤量し、所定のタンクへ入れて溶解してください。

標準培養液20トン分の原液(100倍希釈用濃厚原液:200ℓタンク)の使用量
濃厚原液タンク A処方 SA処方 C処方 SC処方 B処方
1号タンク 1号 30kg S1号 30kg   1号  30kg
  8号    4kg
S1号 30kg  3号  16.2kg
 5号       1kg
 6号     10kg
 7号    3.1kg
2号タンク 2号 20kg  2号 20kg   2号  16kg  2号 16kg 2号 19kg
備考:
※1… 培養液をEC0.6~0.8dS/m で使用する場合はハウス5号2kg、0.8~1.3dS/m で使用する場合はハウス5号1kgを、1号原液タンクに追加してください。
※2… B処方の濃厚原液を作る場合、ハウス3号を2等分し、1号タンクと2号タンクの両方に分けて入れると100ℓに溶解できます。

OATハウス肥料の使い方

培養液の設定濃度は、栽培される作物や養液栽培装置により異なりますが、標準培養液の0.5~2倍濃度程度で使用してください。

培養液のEC管理例(dS /m
作物名 育苗期 本圃
定植初期 中期(交配期) 収穫期~後期
トマト 1.2 1.2~1.5 1.2~1.8 2.0~2.8
なす・ピーマン 1.2 1.2~1.5 1.5~1.8 1.8~2.4
きゅうり 1.2 1.2~1.5 1.5~1.8 1.8~2.4
メロン 1.2 1.2~1.5 2.0~2.4 1.2~1.5
いちご 0.6~0.8 0.6~1.0 0.8~1.2 0.8~1.5
みつば・ねぎ 1.2 1.2~3.5 1.5~3.5 2.4~3.5
サラダナ 1.2 1.2~3.0 1.2~3.0 1.2~3.0
ばら・カーネーション 1.2 1.0~1.5 1.2~1.8 1.5~2.0

備考:表中のEC値は一例です。高温期はやや低く、低温期はやや高く管理するのが一般的です。また栽培途中で培養液の肥料成分バランスが大幅に違ってきた時や、病原菌等で汚染された時は、速やかに培養液を全量交換してください。

培養液管理のポイント

  1. 原水の水質
    原水のECが0.15dS/m 以下の時は、一般に基本処方で対応します。
    ECが0.15dS/m 以上の時は、分析を行い修正処方を選択します。
  2. pH管理
    培養液のpHは5.0~6.5の範囲で管理します。pHが6.5以上になると、マンガンや鉄等の微量要素欠乏が発生しやすくなります。またpHが5.0以下になると、カルシウムなどの吸収が悪くなります。培養液pHの調整には「PH調整剤アップ」、「PH調整剤ダウン」をご使用ください。
  3. 給液管理
    各種栽培システムに応じた適切な給液管理が必要です。作物の生育に最適な根圏環境となる給液管理をしてください。
  4. 液温管理
    肥料各成分の吸収量は根圏温度により大きく異なってきます。栽培作物の根圏部が好適温度に保てるよう、培養液の液温を管理してください。
  5. 微量要素欠乏対策
    アミノサンピの500倍(単用)~1000倍(農薬混用)の葉面散布をしてください。

アミノハウス1号、アミノハウスS1号の特長

「アミノハウス1号」「アミノハウスS1号」は、養液栽培で効果のある数種のアミノ酸・有機酸を厳選し、最も有効な濃度に配合した肥料です。従来の無機肥料使用の養液栽培では得られなかった高品質野菜の生産が可能になります。

  1. 葉菜類を対象とした新タイプのアミノ酸・有機酸入り養液栽培用肥料です。
  2. 生育促進と品質向上や棚持ち性を良くする効能があり、みつば、ねぎ、サラダナなどに特に高い効果があります。
  3. 無機肥料成分の含量は、OATハウス1号、OATハウスS1号と同じです。また、他のハウス肥料シリーズ同様に厳選された原料を使用した高品質の養液栽培用肥料です。

使用上・保管上の注意

  1. アルカリ資材等とは混用しないでください。
  2. 肥料以外の用途には使用しないでください。
  3. 幼児等の手の届かない場所に保管してください。
  4. 開封したまま放置すると吸湿しますので、袋の口を密封してください。
  5. 直射日光をさけ、冷暗所で荷崩れが起こらないように保管してください。
  6. 使用後は洗眼やうがいをし、皮ふに付着した場合は洗い流してください。
  7. 眼に入った場合は、直ちに多量の水で洗い、できるだけ早く医師の診断を受けてください。
  8. 誤って飲み込んだ場合には、できるだけ早く医師の診断を受けてください。
  9. 石灰硫黄合剤と混合すると、有毒なガスが発生するおそれがあり、危険ですから混用しないでください。
  10. 空袋は園場などに放置せず、適切に処理してください。