企業情報

CSR・環境方針

取り組み事例(2018年3月)

児童に栽培の楽しさを知ってもらうとともに、
植物について学習する機会を設ける

活動の紹介


2018年3月、鳴門市板東小学校で、モンシロチョウ観察のためのキャベツの定植をしました(児童数44名)。
除草、整地、定植、施肥の作業を2年生児童と一緒に行いました。3年生の理科のモンシロチョウの観察のために使います。
写真資料を用いて、モンシロチョウの飛来、産卵、孵化、幼虫、蛹、羽化の説明をしました。


図:植栽指導の様子


ページTOPへ