アグリテクノロジーで世界に貢献するために

世界の人口増加が加速する中、急増する人口に合わせ耕地面積を増やし食糧増産を実現するのは困難と言われています。一方、現在の農地約15億ha(全陸地面積の11%)の中で農作物の29~51%が、生育、収穫及び貯蔵の段階で失われていると言われています。また世界各地での異常気象等による水不足や、地球温暖化による農業への影響は多大とも言えます。
OATアグリオはこの現実に直面するにあたり、新たな食糧増産技術(アグリテクノロジー)で世界的食糧不足の問題解決に微力ながら取り組むことにより、世界の人々に貢献してまいります。

世界の人口推移と食料需給
OATアグリオのアグリテクノロジーの取り組み

地球環境保護の観点から、今後これ以上の森林破壊は許されず、限られた耕作地で作物の増収をはかる必要があります。そのために、私たちは新たなる食糧増産技術(アグリテクノロジー)の開発を目指しており、3つの技術に注力しています。

OATアグリオのアグリテクノロジーの取り組み
環境と人に優しいグリーン農薬

日本の農薬の主流、化学農薬は環境に様々な影響を与えております。OATアグリオは環境の保護、再生のためにも環境と人に優しい有機農薬の開発に主軸をおき、自然の力を活かしたグリーン農薬の商品開発を行っております。

グリーン農薬への取り組みがご覧いただけます
企業ドメインとアグリテクノロジー

OATアグリオは世界の農作物への貢献と、日本の農業の発展のために3つの技術を軸に、さらなる開発を行ない食糧増産技術(アグリテクノロジー)と真心で世界の人々に貢献するために努力致します。

OATアグリオの企業ドメインがご覧いただけます