その他除草剤 (非選択性茎葉処理剤) 登録番号 第16397号

プリグロックスL

(ジクワット・パラコート液剤)

この製品に関する問い合わせ チラシPDFPDF  SDSPDF

有効成分 ジクワットジブロミド 7.0%
パラコートジクロリド 5.0%
性  状 暗青緑色水溶性液体
毒  性 毒物
有効年限 4 年
包  装
(1ケース)
1ℓ×12本
PRTR ジクワットジブロミド(1種) 7.0%
パラコートジクロリド(1種) 5.0%


特長

  1. イネ科、広葉を問わずあらゆる1年生雑草を速やかに枯らします。
  2. 気温による影響をほとんど受けず、一年中いつでも安定した効果を示します。
  3. 土に吸着されるとすぐに不活性化するので、散布後すぐに播種、植付けができます。
  4. 根からの吸収による薬害の心配はありません。
  5. 散布後速やかに雑草に吸収されるので、散布1時間後以降の降雨による影響は受けません。
  6. スギナに対して優れた防除効果を示します。

適用雑草と使用方法

作物名 適用
場所
適用
雑草名
使用時期 10アール当り
使用量



使


使


ジクワットを
含む農薬の
総使用回数
パラコートを
含む農薬の
総使用回数
薬量
(mℓ)
希釈水量(ℓ)
移植水稲 - 一年生
雑草
秋期稲刈取後
又は
春期水田耕起
1ヶ月前から
直前まで
800~1000 100~150 1





1回 2回以内
直播水稲 秋期稲刈取後
又は
春期水田耕起
1ヶ月前から
直前まで 又は
雑草生育期、
は種前14日
~は種後7日
(イネ出芽前)
600~1000
麦類 は種前 又は
は種後出芽前
4


4回以内 4回以内
圃場内の
周縁部
雑草生育期
はとむぎ - 畦間処理:雑草生育期(出穂前まで)但し、収穫60日前まで 2


2回以内 2回以内
ばれいしょ 萌芽直前 400~600 2回以内
(茎葉枯凋は1回以内)
200~300
(北海道)
畦間処理:
雑草生育期
但し、
収穫前日まで
400~600
いも類
(ばれいしょ、
かんしょ、
やまのいも、
さといも、
こんにゃく、
みずいも
を除く)
植付前 600〜1000 3


3回以内 3回以内
かんしょ
やまのいも
畦間処理:
雑草生育期
但し、
収穫30日前まで
さといも 植付前
畦間処理:
雑草生育期
但し、
収穫前日まで
こんにゃく 植付前
植付後から
萌芽直前
畦間処理:
雑草生育期
但し、
収穫30日前まで
果樹類
(かんきつを
除く)
雑草生育期
但し、
収穫前日まで
800〜1000 5


5回以内 5回以内
多年生
雑草
1500〜2000
スギナ 1000〜2000
かんきつ 一年生
雑草
800〜1000
多年生
雑草
1500〜2000
スギナ
ツユクサ
1000〜2000
いちご 一年生
雑草
は種前又は
植付前
600~1000 3


3回以内 3回以内
定植前 又は
畦間処理:
雑草生育期
但し、
収穫前日まで
作物名 適用
場所
適用
雑草名
使用時期 10アール当り
使用量



使


使


ジクワットを
含む農薬の
総使用回数
パラコートを
含む農薬の
総使用回数
薬量
(mℓ)
希釈水量(ℓ)
野菜類
(レタス、キャベツ、はくさい、カリフラワー、ブロッコリー、ねぎ、だいこん、にんじん、ごぼう、たまねぎ、トマト、きゅうり、すいか、メロン、なす、ほうれんそう、ピーマン、かぼちゃ、アスパラガス、パセリ、ふき、みょうが(花穂)、みょうが(茎葉)、うど、やまのいも(むかご)、しょうが、にんにく、たけのこ、いちご
を除く)
一年生
雑草
は種前 又は
植付前
600〜1000 100〜150 3







3回以内 3回以内
キャベツ
カリフラワー
だいこん
ごぼう
畦間処理:
雑草生育期
但し、
収穫30日前まで
トマト
きゅうり
ほうれんそう
ピーマン
かぼちゃ
は種前 又は
植付前
畦間処理:
雑草生育期
但し、
収穫14日前まで
アスパラガス は種前 又は
植付前
萌芽前:
雑草生育期
( 草丈20cm 以下)
畦間処理:
雑草生育期
但し、
収穫前日まで
スギナ 1000〜2000
はくさい
ブロッコリー
レタス
たまねぎ
ねぎ
にんじん
なす
すいか
メロン
しょうが
にんにく
一年生
雑草
は種前 又は
植付前
600〜1000
畦間処理:
雑草生育期
但し、
収穫3日前まで
摘採7日前まで 800〜1000
ふき 萌芽前 600〜1000 2


2回以内 2回以内
畦間処理:
雑草生育期
但し、
収穫21日前まで
みょうが
(花穂)
萌芽前
畦間処理:
雑草生育期
但し、
収穫30日前まで
作物名 適用
場所
適用
雑草名
使用時期 10アール当り
使用量



使


使


ジクワットを
含む農薬の
総使用回数
パラコートを
含む農薬の
総使用回数
薬量
(mℓ)
希釈水量(ℓ)
みょうが
(茎葉)
一年生
雑草
萌芽前 600〜1000 100〜
 150
2







2回以内 2回以内
畦間処理:
雑草生育期
但し、
みょうが(花穂)の収穫30日前まで、花穂を収穫しない場合にあっては開花期終了まで
たけのこ 一年生
及び
多年生
雑草
萌芽前:
雑草生育期
(草丈30cm以下)
但し、
収穫7日前まで
1000〜2000 3


3回以内 3回以内
うど 一年生
雑草
畦間処理:
雑草生育期
(根株養成期)
但し、
収穫75日前まで
600〜1000 2


2回以内 2回以内
やまのいも
( むかご)
パセリ
は種前 又は
植付前
3


3回以内 3回以内
畦間処理:
雑草生育期
但し、
収穫7日前まで
豆類
(種実、
但し、だいず、らっかせいを
除く)
は種前 又は
植付前
2


2回以内 2回以内
畦間処理:
雑草生育期
(草丈30cm以下)
但し、
収穫3日前まで
だいず は種前 又は
植付前
4


4回以内 4回以内
は種後出芽前
雑草生育期
(草丈20cm以下)
畦間処理:
雑草生育期
(草丈30cm以下)
但し、
収穫3日前まで
えだまめ 畦間処理:
雑草生育期
(草丈30cm以下)
但し、
収穫14日前まで
さとうきび 圃場内

周縁部
雑草生育期
但し、
収穫3日前まで
3


3回以内 3回以内
多年生
雑草
1000〜2000
一年生
雑草
畦間処理:
雑草生育期
但し、
収穫3日前まで
600〜1000
未成熟
とうもろこし
畦間処理:
雑草生育期
但し、
収穫3日前まで
(草丈30cm以下)
5


5回以内 5回以内
とうもろこし
(子実)
畦間処理:
雑草生育期
但し、
収穫45日前まで
(草丈30cm以下)
作物名 適用
場所
適用
雑草名
使用時期 10アール当り
使用量



使


使


ジクワットを
含む農薬の
総使用回数
パラコートを
含む農薬の
総使用回数
薬量
(mℓ)
希釈水量(ℓ)
一年生
雑草
春期萌芽前
又は伐採後
800〜1000 100〜
 150
3







3回以内 3回以内
たばこ 大土寄期
畦間処理:
雑草生育期
1
1回 1回
チューリップ 植付後萌芽前
(雑草生育期)
600〜1000 3


3回以内(ウィルス罹病株の枯殺は1回以内) 3回以内(ウィルス罹病株の枯殺は1回以内)
畦間処理:
雑草生育期
(草丈20cm以下)
花き類・
観葉植物
(チューリップ、
すいせん
を除く)
3回以内 3回以内
すいせん
萌芽前
(雑草生育期)
樹木類 雑草生育期
(草丈30cm以下)
水田作物、
畑作物
(休耕田)
休耕田 雑草生育期 800〜1000 4


4回以内 4回以内
水田作物
(水田畦畔)
水田畦畔 600〜1000 5


5回以内 5回以内
多年生
雑草
1000〜2000
樹木等 公園
庭園
堤とう
駐車場
道路
宅地
のり面等
1500〜2000 3





















3回以内 3回以内
一年生
雑草
800〜1000
スギナ スギナ生育期 1000〜2000
作物名 使用目的 使用量 使用時期 本剤の
使用回数
使用方法 ジクワットを
含む農薬の
総使用回数
パラコートを
含む農薬の
総使用回数
チューリップ ウイルス
罹病株の
枯殺
1mℓ/株 第2葉展開期
から
開花20日後
まで
1回
/罹病株
ウイルス
罹病株葉
への滴下
3回以内
(ウィルス罹病株の枯殺は1回以内)
3回以内
(ウィルス罹病株の枯殺は1回以内)

使用上の注意

  1. 使用量に合わせ薬液を調製し、使いきってください。
  2. 展着剤を加用する場合には、非イオン系展着剤を使用してください。
    散布液量は雑草の大きさや密度に応じて、適宜増減してください。
  3. 散布に当たっては、なるべく低圧で、風向きなどに注意し、薬液が果樹、桑、茶、野菜などの作物や周囲の植木類、芝など有用植物に飛散してかからないよう十分注意してください。
    特に野菜類の生育期畦間散布や水田畦畔で使用する場合は、専用の噴口や散布器具を用いて作物にかからないように散布してください。
  4. チューリップに使用する場合には、専用の器具を用いて滴下してください。又、使用薬量を10a当たり2000mℓを超えないように適用の範囲内で単回使用量を調整してください。
  5. 直播水稲に使用する場合には、乾田状態で雑草に茎葉散布してください。
  6. は種又は植付前使用の場合は、それらの約1週間前から前日までに使用してください。
  7. 桑に使用する場合には、給桑葉にはかからないように注意してください。
    なお伐採後に使用する場合には腋芽期までに散布してください。
  8. 散布液を調製した容器及び散布器具は使用後、石けん水で十分洗ってください。
  9. 散布薬液の飛散によって自動車やカラートタンの塗装等へ影響を与えないよう、散布地域の選定に注意し、散布区域内の諸物件に十分留意してください。
  10. 公園、提とう等で使用する場合、特に以下のことに注意してください。
    水源池等に本剤が飛散、流入しないように十分注意してください。

    散布器具、容器の洗浄水は河川等に流さないでください。空容器等は環境に影響を与えないよう適切に処理してください。
  11. 適用作物群に属する作物又はその新品種に初めて使用する場合は、使用者の責任において事前に薬害の有無を十分確認してから使用してください。なお、普及指導センター、病害虫防除所等関係機関の指導を受けてください。
  12. 医薬用外毒物。取扱いには特に注意してください。
    誤って飲み込んだ場合には、応急処置を誤ると生命にかかわるので、一刻も早く吐き出させ、安静にして直ちに医師の手当を受けさせてください。
    使用中に身体に異常を感じた場合には、安静にして直ちに医師の手当を受けてください。
  13. 眼に対して極めて強い刺激性があるので使用の際には必ず保護眼鏡を着用し、眼に入らないよう注意してください。
    万一、眼に入った場合にはできるだけ早く十分に水洗し、眼科医の手当を受けてください。
  14. 皮膚に対して刺激性があるので皮膚に付着しないよう注意してください。
    付着した場合には直ちに石けんでよく洗い落としてください。
  15. 散布液調製時及び使用の際は、保護眼鏡、防護マスク、不浸透性手袋、ゴム長靴、不浸透性防除衣などを着用してください。
    作業後は身体を洗い流し、洗眼・うがいをするとともに衣服を交換してください。
  16. 作業時に着用していた衣服等は他のものとは分けて洗濯してください。
  17. かぶれやすい体質の人は取扱いに十分注意してください。
  18. チューリップに使用する場合は、専用器具以外は絶対に使用しないでください。
    また、専用器具に薬液を入れたまま保管しないでください。
  19. 散布に際しては噴口にカバー等をつけるか泡散布にしてください。
    ミスト機での散布は絶対に行わないでください。
  20. 作業は朝夕の涼しい時間を選び、2時間程度で交代するなどして同一人が長時間継続して作業を行わないでください。
    また、過労時には散布を行わないでください。
  21. 公園、提とう等で使用する場合は、散布中及び散布後(少なくとも散布当日)に小児や散布に関係のない者が散布区域に立ち入らないよう縄囲いや立て札を立てるなど配慮し、人畜等に被害を及ぼさないよう注意を払ってください。
  22. 危害防止上、薬剤を分割して他に与えないでください。
    また、使用の場合も本剤及び薬液を防除機、攪拌容器など防除専用器具以外の容器には移しかえないでください。
  23. 使用後の空容器は圃場などに放置せず、必ず危険のない場所で処理してください。
  24. 使用残りの薬剤は鍵のかかる安全な場所に保管してください。
  25. 水産動植物(魚類)に影響を及ぼすので、養魚田では使用しないでください。
  26. 水産動植物(藻類)に影響を及ぼすので、河川、養殖池等に飛散、流入しないよう注意して使用してください。
  27. 散布後は水管理に注意してください。

※ たばこに使用する場合は、日本たばこ産業株式会社の指導を受けてください。

貯蔵上の注意

  1. 直射日光をさけ、食品と区別して、鍵のかかるなるべく低温な子供の手の届かない場所に密栓して保管してください。盗難・紛失の際は、警察に届けてください。
  2. 誤飲の危険をさけるため、保管の際は他の容器には絶対に移しかえないでください。