PH調整剤 

PH調整剤

アップ(上昇用)/ダウン(下降用)

この製品に関する問い合わせ  印刷用PDFPDF



毒性

アップ(上昇用) 医薬用外劇物(販売にあたっては一般販売業の登録が必要です。)
ダウン(下降用) 普通物

包装

アップ(上昇用)SDSPDF 10ℓバッグインボックス入り
ダウン(下降用)SDSPDF 10ℓバッグインボックス入り


水耕栽培、礫耕栽培、NFT、ロックウール栽培等では、培養液のpHを安定させることが、養液栽培を成功させるポイントの一つです。培養液のpHを安心して調整する為に開発されたのが、OATアグリオのPH調整剤「アップ(上昇用)」「ダウン(下降用)」です。

特長

  1. 培養液のpHを安定させることにより、根からの養分吸収が良くなり、作物を健全にします。
  2. PH調整剤は肥料成分を主体としています。
  3. 「アップ」は苛性カリ、「ダウン」はりん酸をベースとし、養液栽培の場面で培養液に添加できます。
  4. 水質によりpHが上昇したり、くん炭、ロックウール等からアルカリが溶出する場合は特に「ダウン」が有効です。
  5. コック付きの10ℓバックインボックス入りですので、取り扱いが便利です。

使用方法

PH調整剤ダウンの使い方

  1. 培養液:pHが6.5以上になった場合培養液1トン当り、「ダウン(下降用)」を50mℓ添加するとpHが約0.5~1.0程度低下します。
  2. 濃厚原液:OATハウス1号の6.7~20倍原液(30Kg/200~600ℓ)に対して「ダウン(下降用)」800~1500mℓを攪拌しながら徐々に加えてください。
  3. ロックウールの前処理:OATハウス肥料の1/2標準濃度液(EC1.2dS/m)1000ℓに対して「ダウン(下降用)」約300mℓ(pH3前後)を攪拌しながら徐々に加え、ロックウールを数時間以上浸漬した後に鉢上げ、または定植してください。

PH調整剤アップの使い方

培養液:pHが5.0以下になった場合培養液1トン当り、「アップ(上昇用)」を50mℓ添加するとpHが約0.5~1.0程度上昇します。
※ 「アップ(上昇用)」はOATハウス1号、OATハウス2号の濃厚原液には使用できないので注意してください。

使用上・保管上の注意

  1. 幼児等の手の届かない場所に保管してください。
  2. 容器の口を密封し冷暗所で保管してください。PH調整剤「アップ」は劇物なので鍵のかかる所に保管してください。
  3. 眼に入った場合には、直ちに多量の水で洗い、できるだけ早く医師の診断を受けてください。
  4. 誤って飲み込んだ場合は、できるだけ早く医師の診断を受けてください。
  5. 石灰硫黄合剤と混合すると、有毒ガスが発生するおそれがあり、危険ですから混用しないでください。
  6. 使用量は水質、培養液濃度、生育時期等により数倍必要になる時もありますので、十分注意してください。
  7. 原液を添加する時は、不浸透性手袋・保護メガネ等を着用し、直接衣服や肌に付着しないようにしてください。
  8. 空容器は圃場などに放置せず、適切に処理してください。