カルシウム補給剤  植物抽出成分配合 徳島県第289号

カルプラス

 

この製品に関する問い合わせ  印刷用PDFPDF



包  装
(1ケース)
1ℓ(1.3kg)×12本


日本は雨の多い気象条件にあり一般に酸性土壌が多く、土壌のpH矯正のため習慣的に大量のカルシウムを土壌に施用していますが、作物に発生する各種生理障害のなかで、最も多く発生するのがカルシウム欠乏に由来する症状といわれています。カルシウム欠乏症の発生は様々な要因が複雑にからみあって起こることが多く、従来のカルシウム剤では葉面に散布しても吸収・移行がスムーズに行われていませんでした。
「カルプラス」は作物への吸収・移行に優れ、生育中の作物に容易に補給できる剤として開発された有機キレートカルシウム剤です。

成分

カルシウム(CaOとして11%)、窒素、糖類、有機酸

特長

  1. 作物への直接補給
    栽培中に、カルシウムを直接作物体へ補給することができます。
  2. 植物抽出成分配合
    植物抽出成分(糖類・有機酸)との相乗効果により、カルシウムが効率良く吸収・利用されます。
  3. 生理障害の防止
    カルシウム欠乏に由来する種々の生理障害の防止に役立ちます。
  4. 品質・日持ち向上
    細胞が強化され、品質・日持ちの良い作物が収穫できます。
  5. 作物に汚れなし
    作物の葉面などに白い汚れを残しません。
  6. 液剤タイプ
    使いやすい液剤タイプです。

使用方法

作物 希釈倍数(倍) 散布間隔 主な効能
果菜類 400〜500 育苗期以降
1〜2週間
生理障害の予防
(尻腐れ果・発酵果・肩こけ果・変形果など)
葉菜類・根菜類 定植期以降
1〜2週間
生理障害の予防
(心腐れ・縁腐れ・葉先枯れ・チップバーン・心枯れなど)
豆類 生育中期以降
1〜2週間
生理障害の予防(しみ症)、生育促進、収量増加
いも類 生育中期以降
2〜3週間
生理障害の予防
(さといもの芽つぶれ・ばれいしょのカルシウム欠乏)
りんごを除く
果樹類
落花後
2〜3週間
生理障害の予防(なしのみつ症など)
花卉類 生育期
1〜2週間
生理障害の予防(葉先枯れ・葉焼けなど)

使用ポイント

  1. 早めの散布
    カルシウム欠乏が出た細胞は壊死し、回復しません。気づいた時には手遅れなのがカルシウム欠乏症です。
    カルシウム欠乏が出やすい作物や生育ステージでは、欠乏の出る前からカルプラスを散布するのがポイントです。
  2. 直接散布
    カルシウム欠乏症の出やすい部位へ、よくかかるように散布してください。
    (花房、果実、新葉、生長点、葉先など)
  3. こまめな散布
    生育が旺盛な時期では、常に不足しないように供給してください。

使用上の注意

  1. りんごへの使用はさけてください。
  2. 夏期・高温時における日中の散布はさけてください。
  3. アルカリ性農薬、アルカリ資材などとの混用はさけてください。
  4. りん酸および硫酸塩の入った肥料との混用は混和性を確認のうえ使用してください。
  5. 眼に入った場合には、多量の水で洗い、できるだけ早く医師の診断を受けてください。
  6. 誤って飲み込んだ場合には、できるだけ早く医師の診断を受けてください。
  7. 肥料以外の用途には使用しないでください。

貯蔵上の注意

保管は密栓をし、直射日光をさけ幼児等の手の届かない所に保存してください。