製品案内

農薬の適用拡大情報(2008年)

登録番号 製品名 有効成分及び含有量 適用拡大日付 変更内容
13836 大塚ルビトックス乳剤 ホサロン 35% 2008/12/17  
  • 作物名「りんご」「かんきつ」「まくわうり」「なす」及び「茶」を削除。

  • 作物名「きゅうり」の使用時期を「収穫3日前まで」から「収穫7日前まで」に変更。

21109 ジウロン水和剤 DCMU水和剤 80% 2008/11/05  
  • 作物名「さとうきび」のDCMUを含む農薬の総使用回数を「1回」から「2回以内(土壌散布は1回以内)」に変更。

21056 ハチハチフロアブル トルフェンピラド 15% 2008/11/05  
  • 作物名「レタス、非結球レタス(アブラムシ類、ナモグリバエ)」を追加。

  • 作物名「かんきつ」に適用病害虫名「コナカイガラムシ類」を追加。

  • 作物名「茶」に適用病害虫名「チャノナガサビダニ」「マダラカサハラハムシ」及び「ミカントゲコナジラミ」を追加。

  • 作物名「かんきつ」の適用害虫名「チャノキイロアザミウマ」「ミカンキイロアザミウマ」及び「ネギアザミウマ」を「アザミウマ類」に変更。

18358 カリグリーン 炭酸水素カリウム 80% 2008/09/10  
  • 作物名「ブルーベリー(灰色かび病)」を追加。

  • 作物名「野菜類」を「野菜類(トマト、ミニトマトを除く)」に変更し、作物名「トマト」及び「ミニトマト」に適用病害虫「うどんこ病」及び「さび病」を追加。

  • 作物名「麦類」の使用液量を「100縲鰀150L/10a」から「60縲鰀150L/10a」に変更。

  • 作物名「野菜類(トマト、ミニトマトを除く)」、「トマト」及び「ミニトマト」の使用液量を「100縲鰀300L/10a」に統一。

20818 ハチハチ乳剤 トルフェンピラド 15% 2008/09/10  
  • 作物名「きゅうり」に適用病害虫名「べと病」を追加。

  • 作物名「すいか」に適用病害虫名「うどんこ病」を追加。

  • 作物名「なす」に適用病害虫名「チビクロバネキノコバエ」を追加。

  • 作物名「レタス(アブラムシ類)」「非結球レタス(アブラムシ類)」の希釈倍数を1,000倍から1,000縲鰀2,000倍に変更。

18579 大塚ゴーサイン粒剤 イマゾスルフロン 0.30%
エスプロカルブ 7.0%
ダイムロン 5.0%
2008/04/23  
  • 作物名「移植水稲」の使用時期「移植後10縲鰀15日(ノビエ2.5 葉期まで)」を「移植後10日縲怎mビエ2.5葉期 ただし、移植後30日まで」に変更。

  • 作物名「移植水稲」の使用時期「移植後5縲鰀15日後(ノビエ2.5葉期まで)」を「移植後5日縲怎mビエ2.5葉期 ただし、移植後30日まで」に変更。

  • 適用地帯及び適用土壌の表記を以下のとおり整理。

    • 適用地帯「北海道」の「適用土壌」を「砂壌土縲恟茁y」とする。
    • 適用地帯「東北、北陸、関東・東山・東海及び近畿・中国・四国の普通期栽培地帯」「関東・東山・東海及び九州の早期栽培地帯」「九州の普通期栽培地帯」を「全域(北海道、近畿・中国の早期栽培地帯を除く)の普通期及び早期栽培地帯」とし、適用土壌を「砂壌土縲恟茁y」とする。
    • 適用地帯「近畿・中国・四国の早期栽培地帯」の適用土壌を「壌土縲恟茁y」とする。
19213 大塚シェリフ1キロ粒剤 イマザスルフロン 0.90%
シハロホップブチル 1.80%
ジメタメトリン 0.60%
プレチラクロール 4.50%
2008/04/10  
  • 作物名「移植水稲」の使用時期を「移植後5日縲怎mビエ3葉期 ただし、移植後30日まで」に変更し、適用地帯を「全域の普通期及び早期栽培地帯」とする。

  • 作物名「移植水稲」の適用雑草名「オモダカ(北海道、関東・東山・東海、近畿・中国・四国の普通期)」を「オモダカ(北海道、関東・東山・東海、近畿・中国・四国)に変更。

  • 作物名「移植水稲」の適用雑草名「クログワイ(東北、関東・東山・東海、近畿、中国、四国、九州)」を「クログワイ(北海道、北陸を除く)」に変更。

20302 大塚ショッカーフロアブル ダイムロン 28.0%
テニルクロール 4.0%
2008/04/10  
  • 作物名「移植水稲」の使用時期「植代後縲怦レ植前4日または移植直後縲怦レ植後5日(ノビエ1葉期まで)」を「植代後縲怦レ植前4日または移植直後縲怎mビエ1葉期 ただし、移植後30日まで」に変更。

  • 作物名「移植水稲」の適用土壌から減水深の記載を削除し「砂壌土縲恟茁y」に整理。

  • 作物名「移植水稲」の適用地帯の記載を「全域の普通期及び早期栽培地帯」に整理。

  • ダイムロンを含む農薬の総使用回数「3回以内(本田期は2回以内)」を「3回以内(育苗箱散布は1回以内、本田期は2回以内)」に変更。

20756 大塚たんぼにポンジャンボ テニルクロール 6.7%
ピラゾスルフロンエチル 0.7%
ピリブチカルブ 16.7%
2008/03/19  
  • 作物名「移植水稲」の適用地帯「北海道、東北」の使用時期を「移植後5縲鰀20日(ノビエ2.5葉期まで)」から「移植後5日縲怎mビエ2.5葉期 ただし、移植後30日まで」に変更。

  • 作物名「移植水稲」の適用地帯「北陸、関東以西の普通期及び早期栽培地帯」の使用時期を「移植後5縲鰀15日(ノビエ2.5葉期まで)」から「移植後5日縲怎mビエ2.5葉期 ただし、移植後30日まで」に変更。

  • 作物名「移植水稲」の適用地帯の記載を整理し「全域の普通期及び早期栽培地帯」とする。藻類による表層はく離」に「東北」を追加。

21303 カウンター乳剤 ノバルロン 8.5% 2008/02/20  
  • 作物名「トマト」の使用時期が、「1番花の開花前まで」に変更。

製品に関するお問い合わせ

農業用製品について

農業用製品の急性中毒事故に
関する緊急のお問い合わせ

OATアグリオ農業製品
についてのお願い

PICK UP